それだけ、お肌が汚れていた証拠でもあります。 ... 最近、頭ジラミが保育園や学校で増加していますよね。 新しい年を新しい気持ちで挑もうとされている頃ですね。 あかすりが気持ちよすぎてお肌を痛めないようにだけは気をつけてくださいね^^. 毎日の生活の中で、外の空気に触れたり、汗をかいたりすることで垢は溜まっていきます。気づかないうちにどんどんたまっていくため、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。垢すりを使えば、通常の入浴だけでは落としきれない垢を、自宅ですっきり落とすことができます。効果や、コツなど気になるポイントもありますよね。今回はあかすりの基礎知識や選び方をご紹介します。Amazonや楽天で人気の商品もぜひ参考にしてみてくださいね。, あかすりにはいくつかの種類あります。力の入れ方や洗い方であかの出方なども変わってきます。, 手袋のように手を入れて洗うタイプです。手のひらでこすっているのと同じように使うことができるので、力の調整もしやすいでしょう。手が届かないところは少し洗いにくいです。指先が分かれているものと、そうでないものがあります。, 普通のボディタオルと同じ形状のものです。小さくたたんだり、広げたりすることで体のどの部分にも使うことができます。手が届かない背中のあかすりも簡単です。ただし、力の調整がしづらいことがあるので、こすりすぎないように注意しましょう。, 柄の長いブラシタイプのあかすりです。背中などにも使いやすく、便利です。ブラシタイプにはあかすりの他にも、肌へ適度な刺激を与えることでマッサージ効果を期待することもできます。, 少し特殊ですが、あかすりの中に空気を入れて表面の刺激を調整することができるタイプもあります。空気をたくさん入れると刺激が強くなり、少なくすると弱まります。ひとつのあかすりでボディと顔など使い分けをしたい方におすすめです。, 本場韓国のあかすりには、合成素材が使われていることがほとんどです。レーヨンやポリエステルなどの合成繊維を使えば、あかをたくさん出すことができます。合成繊維でのあかすりは肌と摩擦しやすい素材を使って、あかを出していきます。すっきりした感触を得られる分、肌への負担が大きくなるので、敏感肌の方や摩擦に弱い方は控えた方が良いでしょう。, 肌への優しさを優先したいのであれば、天然素材を使っているものを選びましょう。シルクやコットンなどは、特に刺激が少なく肌への負担が少ないです。シルク素材にはタンパク質やアミノ酸が含まれているので、肌を傷めたくない方には特におすすめです。, あかすりで上手くあかを落とすにはいくつかコツがあります。効率良くあかを落とすことで、肌への負担も減りますので、ぜひ試してみてください。, あかすりは体の油分があるとこすりにくくなります。まずは体の表面についた油分を石けんで軽く落としましょう。あまり強く洗うと、あかすりで肌が傷みやすくなるので、石けんをつけた手で撫でるように洗う程度で良いです。, 次は、肌の表面を柔らかくするために湯船に浸かります。体をふやかすつもりで15分ほど浸かりましょう。少しぬるめのお湯にじっくり浸かる方が、その後のあかすりが効果的になります。, あかすりは指先から体の内側に向かって行います。大きな動きよりも小さな動きを繰り返していくことが上手くいくコツです。少しずつあかを起こして取り除いていくようなイメージでやってみましょう。コツが掴めるまでは思うようにあかが出ず、ゴシゴシとこすりたくなりますが、無意味に肌を傷めてしまうことになりかねません。, 大切な肌に直接使うあかすりは、信頼できるメーカーのものを安心して使いたいものですよね。ここでは数あるメーカーの中でも特に有名なメーカーをご紹介します。, 本場韓国のあかすりをたくさん取り扱っているメーカーです。ドラッグストアなどで見かける商品もたくさんあります。韓国で実際にプロが使っているものと同じものが欲しい方は、このメーカーのものから試してみると良いでしょう。, 社名の通り、シルクを追求しているメーカーです。シルクの良さを生かした、あかすりやボディタオルを多数取り扱っています。シルクは質が良いものほど肌に優しく、効率良く汚れを落としてくれます。素材に詳しいメーカーのあかすりはやはり安心ですね。, グローブタイプのあかすりです。表面はレーヨンで効率良くあかすりをすることができます。中は綿になっているので、手触りが良いです。レーヨンと綿の間にはポリウレタンが入っているので、適度なクッションも効いていて使いやすいです。グローブタイプなので、体の部位を問わずに使うことができます。, 日本製のシルクあかすりです。タオルタイプなので、あかすりに慣れていない方でも気軽に使うことができます。シルク100%で、あかすりが上手くできない方でも肌を傷つけにくいです。石けんをつけずに濡らしただけの状態でこすることで、あかすりがしやすくなります。もちろん、石けんをつけてボディタオルとして使うこともできますよ。, 綿100%のあかすりです。ゴムラテックスを染みこませた新感覚のタオルであかすりをすることができます。消しゴムで肌の表面の汚れを落とすようなイメージです。無理にこすらなくてもあかすりをすることができます。タオルタイプなので背中も楽にこすることができますよ。石けんを使うことで通常のボディタオルとして使うこともできます。, 中に空気を入れて、表面の硬さを調整するタイプのあかすりです。ボディ用、フェイス用がセットになっており、それぞれのカバーもついています。背中をこする時に使うバンドも付いているので、これだけで全身あかすりをすることができます。カバーもハードタイプとソフトタイプがそれぞれついています。, 柄の長いブラシ形のあかすりです。先端のあかすり部分は取り外すことができるので、手で持って使うこともできます。人間工学に基づいた造りで、背中のくぼみにもきちんとあかすりが届く仕組みになっているので安心です。. 美容大国韓国では、超人気の顔あかすりが自宅でできる方法はないかと色々と調べてみました。, しかも、ピーリングジェルで顔あかすりした後の化粧水や美容液の浸透の仕方は半端じゃないんです。, 実は、韓国の女性の肌がキレイな理由は、週に1~2回ほど行う顔あかすりにあるんです。, 古いゴワゴワとした角質を取り除き、常にキレイな角質にしているから、あんなに肌がきれいなんです。, また、古い角質を肌に残していたのでは、どんなに高い化粧水も美容液もそもそも肌に浸透しませんよね。, まして、あかすりと言うとタオルでゴシゴシと強くこするイメージがあって、敬遠されがちです。, 肌の表皮の最下部にある基底層で生まれた肌(角質)は表皮の中を成長しながら肌の表面まで上がってきます。, そして、古くなった角質は新しい角質と入れ替わるために、肌からポロッと剥がれ落ちていくんです。, この古い角質が新しい角質と入れ替わる周期をターンオーバー周期と呼んでいるのはご存知のとおりです。, 時間が経てば経つほど、くすみやシミや黒ずみは、風呂場に生えたカビのように取れなくなっていくんです。, だから、顔あかすりで古い角質層を取り除いて、肌のターンオーバーを正常な周期に戻す角質ケアが重要なんですね。, 韓国の女性の肌と日本の女性の肌との違いはこの角質ケアの違いが大きいんではないでしょうか。, 韓国の女性が美容の一部として、自宅で取り入れている顔あかすりは、今、注目の美容方法です。, 自宅で行う顔あかすりにオススメのピーリングジェルは「リメンバーリンクス ホワイトジェル」です。, リメンバーリンクス ホワイトジェルはフルーツ酸というフルーツから抽出された成分で、固くなった古い角質層を柔らかくしてくれます。, そして、米エキスが柔らかくなった古い角質層をシッカリと吸着して取り除いてくれます。, また、リメンバーリンクス ホワイトジェルは、シミやくすみに効果的な美白成分を配合しています。, ピーリングで古い角質を取り除いた肌から、美白成分をシッカリと浸透させることができるんです。, 高保湿成分を3種類も配合しているので、古い角質が落ちて敏感になりがちな肌をシッカリと保湿してくれます。, 角質ケアと美白ケア、保湿ケアができるリメンバーリンクス ホワイトジェルは自宅でできるオススメの顔あかすりジェルなんです。, 薬用成分も配合されている、ピーリングジェル❣️ どっちも行けたら最高... 赤ちゃんの頭を見てみるとかさぶた?うろこ?みたいなものが・・・ あかすりのメリットとデメリットは? 1.フルーツ酸でお肌を柔らかくし、 力加減がわからない時は、出来る限り優しくこすってちょっとずつお肌を慣らしていくか、